キング・クリムゾンの初代ヴォーカル、グレッグ・レイクが死去。


有名なローリング・ストーンズのハイドパーク・コンサートの前座での演奏
King Crimson, ’21st Century Schizoid Man’ live in Hyde Park, 1969 – YouTube
A clip of King Crimson’s legendary performance at Hyde Park, supporting the Rolling Stones, 1969.

一番好きなロックバンド、キング・クリムゾンの初代ヴォーカル。
69年のツアーのライヴアルバム「エピタフ」4枚組の中のライヴは特に圧巻だった。

基本的にクリムゾンはどの時期も好きだが、どれか1つと言ったらやっぱり最初のクリムゾンだろうな。。

画像はクリムゾンの公式Facebookのキャプチャーより
2016-12-0823_45_11

クリムゾンやフリップ関連の公式サイトは最近リニューアルしたばかり。

DGM Live
https://www.dgmlive.com/

初代クリムゾン最後のライヴの「Drop In」
Final night of King Crimson’s first U.S. tour featuring the original quartet lineup. “Drop In” is a song the band never officially released.
Robert Fripp – guitar;
Greg Lake – vocals, bass;
Ian McDonald – woodwinds, mellotron, vocals;
Michael Giles – drums

King Crimson – Drop in – Live @Fillmore West 1969 – YouTube

コメントを残す