Cogluotobusisletmesi Klarenz Barlow/Herbert Henck


YouTubeでたまたま見つけたけど、自分がよくやる微分音チューニングのピアノ音のシンセ演奏に結構似てる。
 
ヘルベルト・ヘンクはドイツの現代音楽のピアニスト
作曲はクラレンス・バーロウ。
Çoğluotobüsişletmesiでは、シ、レ、ミ、ファ#の音を四分の一音下げられており、特異な倍音共鳴が全曲に渡って展開される。
 
Barlow – Cogluotobusisletmesi (Herbert Henck)

Homepage Herbert Henck – Aktuelle Verzeichnisse
http://www.herbert-henck.de/

コメントを残す