BOSS RC-202モニターキャンペーン レポート 004


このRC-202モニターキャンペーンのレポートも4回目。
前回のレポートに書いた7月の「神楽坂即興祭」の映像は全てYouTubeにアップロードし終わった。
 
2017.7.2「神楽坂即興祭 vol.2」 – YouTube
https://www.youtube.com/playlist?list=PLkKbVmUK3RrVCKjXuUjD5CGwfjeeWWoG7
 
しかし今回はその話ではなく、「神楽坂即興祭 vol.2」の次に開催した2017/8/6(土)「SKY BLUE GOLD SUN」の映像を紹介。
 
これはその「SKY BLUE GOLD SUN」の最初のパフォーマンス。
 
 
2017.8.6「SKY BLUE GOLD SUN」 VEKTOR 1<ダンス>山内志保 秋野あぴ <会場>四ツ谷 絵本塾ホール – YouTube

 
 
今回もRC-202の使用は、メインシンセのRD-700GXではなく、KORG microKORG-PTとKORG mnologueに接続。
RD-700GXも前回に続いてBOSS – DD-20に接続して使用。
 
RC-202の使用もだいぶ慣れて来たので、RC-202導入前のサウンドを引き継ぎつつ、
特に違和感ない形で、RC-202を使用してのサウンドが融和してきた印象。
 
やはりRC-202は筐体左上のINPUT FXと右上のTRACK FXの2系統に分かれている点が面白い。
トラックループをさせない状態でもINPUT FXで元のシンセの音を加工することで変化が付けられるし、
ループさせてからもTRACK FXで変化させられるのはよくできた機能だと思う。
 
次回レポートはR今まで試さずに来たD-700GXにRC-202を繋いで、自宅録音とかにしようかな。
 
 
 
 
 
 
この日のライヴのAoMurasakiの使用機材は、
Roland RD-700GX、KORG microKORG-PT、KORG mnologue、
BOSS Loop Station RC-202、Zoom R24 Recorder、
BOSS – DD-20 | Digital Delay “Giga Delay”
といった感じでした。
 
 
 
BOSS RC-202モニターキャンペーン レポート 001

BOSS RC-202モニターキャンペーン レポート 002

BOSS RC-202モニターキャンペーン レポート 003

 
 
 
 
BOSS RC-202 公式サイト
https://www.boss.info/jp/products/rc-202/
BOSS – DD-20 | Digital Delay “Giga Delay” 公式サイト
https://www.boss.info/jp/products/dd-20/
monologue – Korg 公式サイト
http://www.korg.com/jp/products/synthesizers/monologue/
 
#rc202monitor

コメントを残す